2016年11月25日

第69章・他人の目がない状況では、つい自分を甘やかしてしまう

<第69章・他人の目がない状況では、つい自分を甘やかしてしまう>

前章では「二つの事を厳守しなければ、あなたはきっとまた元の時間を潰すだけの日々に戻ってしまう。数年後に食べていけるようには絶対ならない。」と書きましたが、他人の目がない環境では、つい自分を甘やかしてしまう物です。

たとえば、会社勤めをしている人が、会社に出てPCの前で仕事をする場合。
仕事の時間にネットをしたり、漫画を読んだり、ゲームをすると、当然ですが回りから「お前、何してんだよ。きちんと仕事しろ。」ときつく叱られるわけです。

また、夜ネットなどをして起床時間が大幅に遅れて会社にいった場合、当然同僚や上司などからこっぴどく叱られるわけです。

周りがきつく叱ってくれるから、さぼれないし、就寝・起床時間も毎日しっかり守れるようになるのです。

一方、自宅でこもっている場合などでは、仕事の時間(職業訓練の時間)にさぼったり、就寝・起床時間が遅れても、それで誰かに叱られるという事は無いため、結局つい自分を甘やかしてしまうのです。

どうしても自分を甘やかしてしまう人は、何らかの『きつい罰』というのを自分で与えるようにした方がいいでしょう。
職業訓練の時間にさぼったり、夜寝る前に布団の中でスマホやタブレットに触ったら、重い罰を与えるのです。

罰の一例としては、「自分の大切な物を破壊する」という事もあります。
二度と手に入らないレアな物とか、そういったのを人質にして、『絶対約束を破れない』ようにするのです。

しかし、強固な意志を持っているならともかく、そうでない場合はつい約束を破って自分を甘やかしてしまい、その場合は大切な物を破壊して本当に取り返しがつかない事になってしまったり、結局それが嫌で約束を反故にしてしまいます。

『大切な物を破壊する』より、『当日と翌日のネットと娯楽の時間をゼロにする』が、取り返しがつきつつ、それなりに自分にダメージを与える方法だと思います。

当日はもちろん翌日まで娯楽やネット閲覧が楽しめなくなるというのは、そういう生活に慣れている人にとっては結構きつい物があるでしょう。
また、ネットや娯楽の時間が二日分禁止されると、その時間は何もやる事がなくなって、結局『空いた暇な時間は、手持ち無沙汰なので、自分の能力向上やアフィリエイトをやらざるを得ない』という風になります。
(能力向上やアフィリエイト目的のネット閲覧なら許可します)


約束を破って自分を甘やかしたのに、まったく何の罰も与えないという事だけは、決してしないでください。
罰を与えないようになってしまうと、あなたは結局また自分を甘やかし続けて、いつの間にか時間を潰し続けるだけの日々に戻ってしまいます。

次章・以下の文章を毎日のように見返してください。 (クリックすると次章に進みます。)



posted by ミカエル at 11:58| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第68章・二つの事を厳守しなければ、あなたはまた元の生活に戻ってしまう

<第68章・二つの事を厳守しなければ、あなたはまた元の生活に戻ってしまう。>

このブログでは長々といくつもの事を書いてきたわけですが、それらを読んで「よし、今日から生活を変えて頑張り、数年後には自宅で稼げるようになるぞ!!自分の未来を変えるぞ!!」と今意欲満々になっている人もいるでしょう。

数年後にはあなたは自宅できちんと金を稼げるようになっているか、それともいつの間にかまた元の時間を無為に潰し続けるだけの日々に戻ってしまうかは、以下の二つの事をきちんと守れるかどうかにかかっています。

・平日の朝の9時から午後8時までは、能力向上に励み、娯楽(ゲームや漫画、雑誌、テレビ、ネットなど)には絶対逃げない事。
・夜は寝る直前、布団の中でスマホやタブレットなどでネットをしない事

この二つは厳守すべき事です。
何があってもこの二つを絶対守るようにしないと、どんどん生活が乱れていき、やがて元の時間だけを潰し続ける生活に戻ってしまうのです。

仕事や能力向上の時間(朝9時から午後8時)に、「ちょっとの時間だけだから」という事で自分を甘やかし、休憩時間でもないのにネットを始めたり、漫画を読み出したり、ゲームを始めたりすると、結局「ちょっとの時間」どころか、そのままずるずるとやり続け、結構な時間を浪費してしまいます。
また、次の日も次の日も同じ事をやり続けてしまい、結局年間では莫大な時間を浪費してしまう。
当然、その分能力の向上も大幅に遅れてしまう。

起床時間の遅れも、能力向上を大幅に遅らせる原因になります。
夜はきちんと決まった時間に寝るようにしないと、結局翌日の起床時間が大きく遅れてしまい、「朝9時から職業訓練を始める」という事ができなくなってしまいます。
昼12時からになってしまったり、ひどいと午後2時、3時からになってしまう。

夜寝る前に、布団の中でスマホやタブレットを触るという事は絶対にしないでください。
ネットなどは午後8時以降からお風呂に入る前までにやる事にし、風呂に入った後は絶対にスマホやタブレット、PCなどで、ネットはしないようにしましょう。
布団の中での漫画読みや、携帯ゲーム機も同様に禁じるように。


いくら「これこれこういう訓練をしていけば、数年後には金を稼げ出せるようになる」と教え、「食べていけるようになっている数年後の自分の姿」をイメージしても、結局その姿に辿りつけなければまったく意味が無いのです。

あなたが数年後に自宅でも金をきちんと稼げるようになっているどうかは、

・平日の朝の9時から午後8時までは、能力向上に励み、娯楽(ゲームや漫画、雑誌、テレビ、ネットなど)には絶対逃げない事。
・夜は寝る直前、布団の中でスマホやタブレットなどでネットをしない事

この二つをきちんと守れるかどうかにかかっていると言っても過言では無いでしょう。

これら二つの事をきちんと守れる人は、毎日どんどん能力の向上が進み、数年頑張ればいずれかの分野で食っていけるレベルまで達し、それなりに金を稼いでいけるようになります。

一方、自分をつい甘やかして、本来職業訓練の時間なのに何かに逃げたり、夜布団の中でスマホやタブレットをつい触ってしまい、そのままずるずるとネットをし続けて、結局翌日は大幅に起床が遅れる・・・・そんな生活を続けるような人は、ほぼ確実に、また元の時間を毎日潰し続けるだけの日々に戻ってしまうと思ってください。
それでは数年後に自宅で食っていけるようには絶対なりません。


本来の趣旨である「あなたを支えていてくれている人が死ぬ前に、自立して自宅でも食べていけるようになる事」を決して忘れないでください。

どうしても体調が優れない日は休むべきですが、基本的には自分を甘やかさないようにしてください。

次章・他人の目がない状況では、つい自分を甘やかしてしまう (クリックすると次章に進みます。)



posted by ミカエル at 11:55| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第67章・家族にひきこもりの人がいる場合は

<第67章・家族にひきこもりの人がいる場合は>

このサイトは、健康上の理由で外に働きに行けず、それで将来悩んでいる(あるいは、もう将来の事を考えるのを半ば放棄して、毎日無為に潰している)方向けに書いたものです。

どういう経緯でもいいので、そういう方本人にこのサイトに辿り着いてもらい、『自分の未来』を変えてもらいたい。
自宅で金を稼ぐ手段を今のうちに獲得しておかないと、待っているのは悲惨な最期です。
悲観した両親に殺害されたり、保護者が死んでまもないうちに経済苦で自分から人生を終わらせる事になったり。
(全ての財産を処分して生活保護で生きていくのもいいでしょうが、生活保護ではゲームなどの娯楽品は許可されていません。)

このサイトは本人に読んでもらえたらいいのですが、もしかしたら今ここを読んでる方の中には、『本人ではなく、その家族が読んでいる』という場合もあるかもしれません。
ご家族の方は、是非本人がここを読むよう仕向けてください。

ひきこもりでも、まだ家族とこまめな会話をできている場合は、このサイトを本人にさりげなく教えてみてください。

また、家族とまったく会話しなくなった、部屋にずっとこもったままで出てこないで何年も経ってしまっているという家庭においては、食事などに以下のようなメモを紛れさせてください。

「 『ミカエルの助言』という特殊なサイト 」

これだけで十分です。

必ず「特殊なサイト」というのは付けてください。
人は好奇心には抗えない生き物です。
サイトの中身を教えず、サイト名と、『特殊なサイト』というのを見ると、多くの人は好奇心に勝てず、自分でつい検索してこのサイトを開いてしまうのです。
後は、サイトの最後まで読んでくれるかどうかは『神のみぞ知る』ですが、できるだけサイトを開いた人がそのまま興味を持って読み進めるような構成にしています。

次章・二つの事を厳守しなければ、あなたはまた元の生活に戻ってしまう (クリックすると次章に進みます。)


posted by ミカエル at 11:54| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。