2016年11月23日

第7章・株やFXには絶対に手を出してはいけない

<第7章・株やFXには絶対に手を出してはいけない>

「株やFXで、元手を何十倍にも増やせた。大儲けできた。」そんなうらやましい話も世の中にはあったりします。
「じゃあ、株やFXでも生活していけるのでは?」とか、「自分もデイトレーダーをやろう」と思う人もいるでしょう。

資産が5000万円とか1億円ある人なら、株やFXで年間数百万円稼ぐというのは、ある程度勉強すればできます。
しかし、資産が1000万円もない人が、年に100万円以上稼ごうとしたり、数年でその1000万円以下の資産を何千万円や一億円以上に増やす、というのは、はっきりいって「博打」以外の何物でもなく、よっぽど運がない限り無理です。

実際はほとんどの人が、増やすどころか資産を溶かしてしまう(あるいは、場合によっては逆に多額の借金を背負って、あなただけでなく家族の人生が一瞬で終わる)のが関の山です。


「でも、投資会社などは、毎年株やFXで安定して稼いでいるのでは?」みたいな意見もあるでしょう。
投資会社は、多くの顧客から大量の資金を集めて、例えば数百億円の元手で、年に5%分くらい稼ぐ(その稼いだ分のいくらかを貰う)、という事をやっているから、ある程度相場を読める知識があれば、難しくはないのです。
資産を一年で5%分くらい増やす程度なら、ある程度株やFXに熟練した人が、毎日時間をしっかりかけてリスクを分散させながら慎重に投資していけばできるのです。

しかし、投資会社と個人は全然違います。
元手が1000万円もない人が、年に5%分くらい稼げても、50万円以下の収入にしかなりません。(しかも、この5%稼ぐのでさえ、個人投資だと勉強不足や経験不足・運の悪さで失敗してる人は続出しています。)
5%どころか、1000万円以下の元手で年数百万円稼ごうとしたり、数年で資産を数倍やそれ以上に増やすというのは博打と同じで、仕事として株やFXに長い事関わっている投資会社の人達でも到底無理な話です。

「少ない元手が数千万円や一億円以上になった。」とかいう話は、それは、「宝くじに当たった」と同レベルの事で、これを見て「よし、オレも同じようにして金を増やすぞ」とか考えるのは、極度の馬鹿です。
株やFXは、ある程度資産がある人が、銀行に預けるより少し利率良く増やそうとする(当然失敗するというリスクもある)物であって、資産があまりない人が、これで毎年数百万円稼いで食っていこうとする類のものではありません。

株やFXをやっても損をしないのならともかく、実際は「自分の人生が一撃で終わるほど、大きなダメージを受ける(すごい借金ができる)場合が多々ある」ので、株やFXには資産に余裕のない人は絶対手を出すべきではありません。

「親が死んで、やがて金が尽きると、家を追い出される」どころか、「自分が株やFXに手を出したばっかりに、莫大な借金ができてしまい、親が生きているうちに、家や土地を他人に取られて、親と一緒に追い出されるはめになる」という悲惨な結末を迎える事になるでしょう。

株やFXで安定してそれなりの収入を得ようとする場合は、まずある程度の資産がないと、まったく話になりません。
仕組み的には種銭を数倍にして投資できたりもしますが、それに手を出すと、読み誤った時の損失がひどい事になります。
一瞬であなたの人生は終わります。

次章・宝くじは、買わなければ永久に当たらない
(クリックすると次章に進みます。)




posted by ミカエル at 18:13| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。