2016年11月23日

第8章・宝くじは、買わなければ永久に当たらない

<第8章・宝くじは、買わなければ永久に当たらない>

「株やFXには絶対手を出すな」と言ったのに、「でも、宝くじは、たまに買うのはいいでしょう」みたいに言うと、「ん?」と思う人もいるかもしれません。
「宝くじも博打的な物ではないの?」と。

宝くじの場合は、「損失額を自分でコントロールできる」のです。
だから、株やFXみたいに大損しなくてすみます。
「宝くじを買ったがために、莫大な借金を背負った」なんて話、聞いた事がないですよね?


今はネットバンクなどで、自宅にいながらにしてtotoBIGなどの宝くじを簡単に買えます。
一週間にtotoBIG(300円くじ)をネットバンクで一回買うなどすると、一年では15000円以下の支出にしかなりません。
(実際はサッカークジはオフシーズンがあるので、販売してない期間があり、もう少し支出は減ります。)

「当たらない物に、年間15000円くらいつぎ込むの?」

と思うか、

「もし1等や2等が当たったら、それなりの金が入ってきて、数年間あるいはそれ以上食っていける金が稼げる」

と思うかは、人によると思います。

週に300円くらいの支出なら、「一週間で無駄な事に300円使うより、人生確変のための宝くじに使おう」と思った方がいい、と私的には思います。
ジュースやおかしで無駄に使う金を少しだけ減らして、その分で宝くじを買いましょう。


宝くじは、買っていないと『当たる確率は確実にゼロ』です。
しかし、買っていると、もしかしたら大当たりして、あなたが将来長期間食っていけるための資金になるかもしれません。
(だからといって、毎週何千円も宝くじにつぎ込む、というのはやめた方がいいです。週に1回分300円程度の購入でいいと思います。)




次章・アイデア出しは、スキルが身についていない段階でもできる
(クリックすると次章に進みます。)




ラベル:宝くじ toto totoBIG
posted by ミカエル at 18:14| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。