2016年11月25日

第59章・作品には、『人の心を動かす何か』をきちんと盛り込むべし

<第59章・作品には、『人の心を動かす何か』をきちんと盛り込むべし>

漫画にしろ、小説にしろ、イラストにしろ、アプリにしろ、物を作って食べていく場合、必ず『買ってくれた人の心を動かす何か』を作品にきちんと盛り込むようにしてください。
それは感動だったり、笑いだったり、癒しだったり、ハラハラ・ドキドキなどの興奮だったり、キャラクターにはまる事だったり……。

あなたがどんなに時間をかけて作っても、作品自体に人の心を動かす要素が含まれていないと、買ってくれた人はただ時間と金を浪費しただけになってしまいます。
当然、そういう方はあなたの別の作品にはもう手を出さなくなりますし、低い評価レビューを投稿して、そのレビューを見た他の方にも作品は売れなくなってしまうでしょう。

世の中には、残念ながら締め切りを守るのに精一杯で作品を作ってしまい、人の心を動かす要素が何も入れられていない、あるいはそういうのが薄かったりする物があったりします。

小説や漫画では、物語がただ進めば人の心を打つわけではなく、きちんと計算して物語が面白くなるよう構成しないと、人を興奮させたり、感動させたりできません。
キャラクターについても、キャラがただ登場すれば読者がはまるわけではなく、読者がキャラにはまるようなエピソードをきちんと入れていかないとキャラは魅力的には映りません。
イラストレーションにおいても、人の心を動かす要素が絵に含まれていないといけません。

作品をしっかり作りこむ前に、漫画ではネーム段階で、小説ではプロット段階でそれらが含まれているかをしっかり検証するようにしてください。
アプリでも、製作開始時に、「完成したらどんな感じになるか?」をできるだけ具体的にイメージしましょう。

作品を作りこむ前にこれらの事を行って、「人の心を動かす物になっているか?」をきちんと確認してから作りこむようにしないと、時間がかかったわりにはあまり人の心を動かす要素が含まれていない残念な物を作る事になってしまいます。

次章・外に働きに行ける人は、この生き方を選ぶべきではない
(クリックすると次章に進みます。)





posted by ミカエル at 11:46| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。