2016年11月25日

第67章・家族にひきこもりの人がいる場合は

<第67章・家族にひきこもりの人がいる場合は>

このサイトは、健康上の理由で外に働きに行けず、それで将来悩んでいる(あるいは、もう将来の事を考えるのを半ば放棄して、毎日無為に潰している)方向けに書いたものです。

どういう経緯でもいいので、そういう方本人にこのサイトに辿り着いてもらい、『自分の未来』を変えてもらいたい。
自宅で金を稼ぐ手段を今のうちに獲得しておかないと、待っているのは悲惨な最期です。
悲観した両親に殺害されたり、保護者が死んでまもないうちに経済苦で自分から人生を終わらせる事になったり。
(全ての財産を処分して生活保護で生きていくのもいいでしょうが、生活保護ではゲームなどの娯楽品は許可されていません。)

このサイトは本人に読んでもらえたらいいのですが、もしかしたら今ここを読んでる方の中には、『本人ではなく、その家族が読んでいる』という場合もあるかもしれません。
ご家族の方は、是非本人がここを読むよう仕向けてください。

ひきこもりでも、まだ家族とこまめな会話をできている場合は、このサイトを本人にさりげなく教えてみてください。

また、家族とまったく会話しなくなった、部屋にずっとこもったままで出てこないで何年も経ってしまっているという家庭においては、食事などに以下のようなメモを紛れさせてください。

「 『ミカエルの助言』という特殊なサイト 」

これだけで十分です。

必ず「特殊なサイト」というのは付けてください。
人は好奇心には抗えない生き物です。
サイトの中身を教えず、サイト名と、『特殊なサイト』というのを見ると、多くの人は好奇心に勝てず、自分でつい検索してこのサイトを開いてしまうのです。
後は、サイトの最後まで読んでくれるかどうかは『神のみぞ知る』ですが、できるだけサイトを開いた人がそのまま興味を持って読み進めるような構成にしています。

次章・二つの事を厳守しなければ、あなたはまた元の生活に戻ってしまう (クリックすると次章に進みます。)




posted by ミカエル at 11:54| Comment(0) | 記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。